Contact Us

Tel: 03-5734-3445

Email: oedo[@]citl.titech.ac.jp

Address: Online Education Development Office
Tokyo Institute of Technology
Room 1006, South 3 Building
2-12-1 Ookayama, Meguro-ku
Tokyo 152-8550  JAPAN

  • Facebook - White Circle

© Copyright 2019 by Online Education Development Office, Tokyo Institute of Technology. All rights reserved.

TokyoTechXʼs MOOC Development Toolkit

OEDOではMicrosoft ExcelとPythonスクリプトを利用したedX Studioでのコース作成支援ツールを開発しています。

1. Content Modification Tool

現在、全世界の約75%のMOOCが英語で提供されています。英語のMOOCを日本語に翻訳することで、英語が得意でない学習者の登録を促進することができますが、翻訳作業には多大な時間とリソースが必要です。

OEDOではコンテンツ修正ツール[*]として、スタンフォード大学のMOOC “Creating Effective Online and Blended Courses”のローカルバージョンのコンテンツ切り替えツールを開発しました。

​日本語のMOOCに関わる教員やスタッフの方々の教育にお役立てください。

このツールはedX Studioのインポート/エクスポート機能を利用します。

​まずエクスポート機能により、コースをローカルに保存し、コピーを作成します。​次にスクリプトを実行すると、テキストコンテンツの構成をExcelファイルとして生成します。Excelファイルにある構成に従って、翻訳した日本語のファイルを用意し、スクリプトを実行することで、edX Studioでインポートできる、テキストコンテンツが日本語に置き換えられたコースを生成できます。

“Creating Effective Online and Blended Courses”では数秒で170の英語のテキストブロックを日本語に置き換えました。

他言語への対応は今後の課題です。

Githubのツールへはへは下のボタンからリンクしています。

また、オフラインedXコース全体を作成するための追加ツールや、APIを使用して別々に自動化されたYouTube動画アップロードフローも開発しました。

[*] https://github.com/TokyoTechX/edx-texttool

2. Course Outline and Content Creation tool

Open edX Studioでのコースコンテンツ手動アップロードは時間がかかる場合があります。OEDOではコースアウトラインを設計し、オフラインコースを追加する代替アプローチとしてExcelシートに入力されたコース情報に従ってオフラインコースを作成するツールを提案します。

このツールは​新しいMOOCの作成や、既存のMOOCの改訂にも使用できます。

3. YouTube Video Uploading Tool

コースのYouTubeチャンネルに移動し、一連の動画をドラッグアンドドロップで順次アップロードする代わりに、YouTube Data API [**]を使用してYouTubeのチャンネルに動画のリストを自動的にアップロードします。

このツールではExcelシートに記載されているビデオファイルをアップロードし、そのURLを出力します。動画ファイル本体だけでなく、タイトル、説明、キーワードやプライバシーの状態を全て同じExcelシートで指定してアップロードできます。

​また、別のExcelシートを用いることで字幕やクローズドキャプション、カスタムサムネイルもアップロードする機能があります。このツールで出力された動画URLリストは上記のコース概要とコンテンツ作成ツールの入力として使用できます。

author

Nopphon Keerativoranan

 

OEDO ティーチング アシスタント