Contact Us

Tel: 03-5734-3445

Email: oedo[@]citl.titech.ac.jp

Address: Online Education Development Office
Tokyo Institute of Technology
Room 1006, South 3 Building
2-12-1 Ookayama, Meguro-ku
Tokyo 152-8550  JAPAN

  • Facebook - White Circle

© Copyright 2019 by Online Education Development Office, Tokyo Institute of Technology. All rights reserved.

映像制作に参加したTAのコメントを公開

September 14, 2016

 

東工大MOOCs第二弾として発表致しました、日本近代建築史講義”Modern Japanese Architecture : From Meiji Restoration to Today”の授業制作にTAとして携わらせて頂いた鰐淵卓です。

 

修士1年になったばかりの昨年の春、DESに関わっている友人から、学内にオンライン教育の開発を担う部署が新設されたことを教えて頂き、また是非そこで建築の授業を作ってみないかとのお誘いを頂いたことから、私のMOOC制作との関わりが始まりました。専攻である建築史・都市史の面白さを、論文発表以外の媒体で、数多くの人々(どころか世界中の何千人という視聴者)に発信できる機会だと確信し、難しそうだけど挑戦してみよう!という気概を持って取組み始めました。そして、建築学専攻の学生TA4人とスチュワート先生、森先生をはじめOEDOのスタッフ方々と共に制作に取組みました。

 

4月から年度内までに10分弱の映像を約30本制作するという目標でしたが、1200枚以上の建築写真を集め、全て著作権処理を施すという膨大で複雑な作業ゆえに、当初はうまく進捗しませんでした。当然のことながら制作の前例はなくノウハウがなかったことと、異なる研究室の学生TA同士の予定が合わないことの二点が難点でしたが、TAチーフという役割を兼ねていた私は、なんとか作業を進展させようと必死に動きました。画像の種類毎に収蔵元や著作権処理方法を事前に整理してメンバーに仕事をお願いしたこと、一人ずつ学業の予定を確認し、週一の定例会議の時間を設け、タスクごとに〆切を設定してコツコツと作業を積み上げていったこと等、メンバーが仕事に取り組みやすくなる環境を整えたことに、少しばかり貢献できたのではないかと思います。

 

立場の異なるメンバー間の連携が次第に密となり、息の長いプロジェクトを継続的に進められたことは、私達学生TAにとって非常に貴重な経験となりました。スチュワート先生との制作を通じ、何年も後の人々が見るに値する授業を作ろうという先生の妥協を許さないこだわりと、息の長いプロジェクトを実現に導く粘り強さを学ぶことができました。また、学長懇話会にご招待いただき、学長に私達の活動を高く評価して頂けたことも誇りに思います。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts

Please reload

December 20, 2019

Please reload